アクアクララでも使用しているRO膜はとても性能の良い膜で、福島の原発事故で問題となっているセシウムやヨウ素などの放射能でさえも除去できるそうです。

もちろんウイルスや細菌も通しません。

RO膜水は安全で清潔な水ということができます。

開発したのはNASA。ほぼ水分子しか通さない小さな穴の開いた濾過膜で、逆浸透膜ともいいます。

完璧に近い濾過膜であるがゆえ、デメリットもあります。

それは人間のカラダに有効なミネラル分をシャットアウトしてしまうこと。
ミネラルを含む水のおいしさがないこと。
味がない水という言い方もできます。


アクアクララではその問題を解決するために、RO膜を通過した水に、後からバランスよくミネラル分を加えています。

そのため、いつでも一定のおいしさと安全性を兼ね備えたパーフェクトな水を飲めるのです。