アクアクララ ヘッド

おすすめはアクアクララのベビアクアプラン

赤ちゃんの写真 ベビー向けのウォーターサーバー水宅配はどれがいいかとお悩みでしょうか?
ウォーターサーバーといってもたくさんのメーカーがいろいろな採取地や成分のお水を販売していますから。

まず、大人のからだにとって良いミネラルウォーター赤ちゃんには最適ではありません。

ミネラルウォーターに含まれる豊富なミネラルは粉ミルクに含まれるミネラル分とけんかする恐れがあるためです。
赤ちゃんの内蔵は消化・吸収の力、排泄機能がまだ未熟なので、マグネシウムが下痢を起こしやすくするともいわれます。

アクアクララの水は硬度29.7の軟水で、ミネラルもほどよく配合されています。
調乳に最適な赤ちゃんにやさしいお水です。

アクアクララは母子手帳でも紹介されている安心の水宅配

お気づきかもしれませんが、アクアクララは母子手帳の副読本でも紹介されていて、産婦人科でも多く導入されている日本でもっとも多く使われているウォーターサーバーです。

調乳の水 もちろん、もうスーパーで重い水を買ってくる必要もありませんから、手が離せない忙しいママには救いの水となることでしょう!

アクアクララは赤ちゃんのいるご家庭用にベビアクアプランを用意していて、水質以外のケアも万全で安心。
誤ってお湯が出てしまわないガード装置や、もらえるベビーグッズなどちょっと気の利いたサービスが嬉しいです。

また最初に60リットル分も無料チケットがもらえるのでたいへんお得!
家計も助かりますね。
▼母子手帳をもらったら次は赤ちゃんのためにウォーターサーバー♪▼
赤ちゃんの写真
人気マーク
ベビアクア申込みはいますぐこちらから!
アクアクララ ベビアクアのCM動画もごらんください

ベビアクア申込みはいますぐこちらから!
アクアクララの水質調査結果】
この度の福島県原発事故の影響による放射性物質(ヨウ素、セシウム)の原水へ与える影響、及び精製後の製品水への残留状況を専門の検査機関に委託し検査を行いましたところ、アクアクララ製品には放射性物質は確認されなかったことをご報告いたします。
これからも、アクアクララは安心と安全を第一に考え、より良い製品とサービスの提供に真摯に取り組んで参ります。
アクアクララHPより)

ウォーターサーバーは冷蔵庫と同様に電気代がかかります。
24時間つけっぱなしだから、ある意味、安くはありません。

ウォーターサーバーをサービスする会社では電気代のことはあまり積極的には教えてくれませんね。


ウォーターサーバーを利用しはじめたら、電気料金がはねあがった!というのでは困りものです。


厳密な計算は難しいのですが、ウォーターサーバーにかかる1ヶ月の電気代はだいたい1000円前後です。
これは電気ポットと同等の数値。

電気代がとても気になるのであれば、「省エネサーバー」のある会社を選ぶのもひとつの方法です。
一般的なサーバーに比べ一年で7000円も安くなるそうですから、検討の余地がありますね。


ウォーターサーバー選びに電気代という要素はあまり大きくないかもしれませんが、コンスタントにかかる費用はしっかりチェックしたいものです。
ミネラルウォーターを定期的に購入したとしても冷やせばそのぶん電気代はかかります。

最近はウォーターサーバーを置いている病院やクリニックがどんどん増えています。
小児科などは必ずウォーターサーバーを置いているような印象があります。

抵抗力の弱い乳幼児や小さいお子さんに飲ませるなら、より安全な水を。と思うのは当然の親心でしょう。
水道水には塩素の他、いろいろな成分が含まれていて、煮沸しても無くならない成分もあります。
そしてどうしても頭のかたすみに残る放射性物質のことも。


ミネラルウォーターを定期的に購入するとか、毎回スーパーで買うというご家庭も増えています。
しかし、というのは重いので、スーパーやコンビニでペットボトルのミネラルウォーターを購入して家に持ち帰ってくるのはちょっとした修行のよう・・・。


そこで、業者がボトルを宅配してくれるウォーターサーバーのメリットがひきたちます。

家でウォーターサーバーを導入するのはブルジョワ家庭でのみ許されるものといった印象を持つ方もいまだ少なくないようですが、そんなイメージはウソ。
だってペットボトルで水を購入するより、トータルで安くすむのですから!


未経験だから・・・使ったことないから・・・いまのままでも困らないから・・・
と二の足を踏む方は損しています。
ときどきペットボトルのミネラルウォーターを買っている方は損してますよ。


売られている500mlのミネラルウォーターは、100円〜200円するでしょう。
安売りで78円とか。

ウォーターサーバーの水は、タンク12Lで1500円前後、500mlに換算するとおおよそ60円!
60円の水はなかなかお店では見かけないですよね。
しかも自分で運ぶ必要はありません。

それにサーバーレンタル料(無料の業者もあります)や電気代を足しても、100円にはなりません。


これだけ安いうえにブルジョワなイメージまでついてくるウォーターサーバー。
試してみるべきだと思いますよね。

夏の水分補給を怠ると怖いのは熱中症ですね。

こまめに水やお茶を飲んでいれば、あまり心配はないのですが、たとえばこんな症状を自覚したらちょっとやばいです。

足がつる
しびれる
脱力感・倦怠感
食欲がなくなる
集中力がなくなる
口が乾く
おしっこの量が少ない
おしっこの色が濃い

など。
こにかく水分補給をして休みましょう。できるだけ涼しいところで。


もっとひどいときはこんな症状が表れます。

頭痛、目まい、嘔吐、立ちくらみ、体重がぐんと減っている

こんな場合はもう病院レベルになっています。


さて、こまめに水を飲むというのはどのくらいの頻度かというと、
2時間おきにコップ半分。寝起きはコップ1杯。寝る前にコップ1杯。
が目安。
まあ頻尿気味であれば寝る前のお水は気が進まないかもしれませんね。


水やお茶を飲んでばかりというのが辛いなら、食事に汁物を増やします。

逆にタブーは「冷たい飲み物」と「お酒」と「がぶ飲み」。
毎晩、ビールで水分補給!
なんてのは意味ナシ。
ビールには利尿作用がありますから、飲んだらじゃんじゃんおしっこが出て、さらに汗も出て、水分は補給したことにはなりません。
赤ちゃん

昔は水分を摂るのを控えるのが良いというような間違った文化もありました。
特にアマチュアスポーツでは試合中に水を飲むと早くバテルから、絶対に飲むなというようなコーチや監督がたくさんいました。
それは知識というより信念・概念という部分からできあがった迷信なのでしょう。

そういうふうに教えられた人たちは年をとってからもなんとなく水分を控える傾向にあります。
無意識になっているのかもしれません。
危ないことです。


さて、水を飲むと様々な病気の予防になるのは明らかです。

たとえば、

・尿路結石
・膀胱炎
・腎臓炎
・リウマチ
・脳梗塞
・心筋梗塞
・糖尿病
・痛風

脳梗塞や心筋梗塞の予防には水は本当に大切。
いつも新しい水をからだに通してあげるイメージでしょうか。
水を常にちびちびと飲んでいれば、血液の流れも良くなります。
血液の濃度を下げることにもありますから、糖尿病にもなりにくい。尿酸値が下がればあの痛い痛い通風にもなりません。
人間は小さな結石は絶えずできているのですが、水を飲んでいれば小さいうちにおしっこといっしょに排出されますから、あのビリビリと痛い痛い尿道結石も防げます。
おしっこに何回もいくのはいいことです。
頻尿はまた別ですが。(女性の頻尿はこのサイト
膀胱炎にもなりにくい。


良い水をいまよりも多く飲むようにしましょう。水は古くなった体液を速やかに排泄してくれます。
毎日良い水をたっぷり摂っている人は、肌もみずみずしく潤い、病気にかかりにくい体になります。
医者や薬にお世話になる前に。

たいへん体に良いといわれる水素水。

下から読んでも水素水。

山本山みたいですが、実際なにがそんなに良いのでしょうか。


水素水は機能水のひとつで、水素ガスが入っている水のこと。

からだに害をなす活性酸素を除いてくれる機能があります。

赤ちゃんのためのきれいな水を探している方にとっては、思惑とは違うかもしれませんが、日本の水道水はやっぱり安全です。

水道水は国によってきちんと安全基準が定められていて、その基準はミネラルウォーターの基準項目の3倍も項目が多くて厳しいものなのです。

ミネラルウォーターのほうが基準が緩いのです!

  

ただし、味はといえば別の問題・・・・。


水道水っぽい味、カルキ臭い味、なんとなく頭に描く水道水像というものがあると思います。

おいしくないお水を赤ちゃんには飲ませたくない。
それも、おかあさんとしては当然の考えですね。

おいしい水というのならば、アクアクララなどのウォーターサーバーは断然オススメです。

逆に安全な水で、不味くなければよいというのであれば、水道の蛇口に浄水器をつければ十分ではないでしょうか。

ウォーターサーバーって大きいものですし、冷やしたり、温めたりを絶えずしていますから、
「もしかすると冷蔵庫並みに電気代がかかるのでは?」とビクビクするのではないでしょうか?

電源はずっと付けっぱなしですし。

たとえば、電気ポットだってけっこう電気を食います。

冷蔵庫がふたつになるような電気料金になるなら、二の足を踏むご家庭も多いでしょう。


業者によって差はありますが、月1000円前後です。
年12000円。

これを高いと見るか、安いと見るか。

どうでしょうか?

ウォーターサーバーの導入によって節約できる電気代は電気ポット。
また毎回ガスでお湯をわかす必要もなくなりますから、ガス代も下がりますね。(オール電化のご家庭なら電気代)

あとは、冷蔵庫でミネラルウォーターを冷やす習慣のあるご家庭なら、そのぶんの電気代が節約できます。


結局、いままでよりは電気代はかかります。
ウォーターサーバーの便利さを考えれば、使ってみればやっぱりいいなと思うとは思いますが。

よく検討してみてください。

ウォーターサーバーを解約するときには業者によっては5000円〜10000円くらいの解約手数料またはサーバーを返却する費用(返送代)などがかかります。


ずっと水の宅配を続けたいなと思っていても、いちおう解約時に無駄な(利用者側としては)お金がかからないほうが、安心してスタートできますね。


アクアクララの場合は、携帯電話の違約金と同じように期限付きで退会手数料がかかります。
スタートしてから180日未満で契約をやめる場合、3,150円の退会手数料がかかってきます。


実際、同じアクアクララでも地域や販売代理店によって、その辺りの取り決めが違うようですので、まずは機種変更料や退会手数料がどうなっているかを電話などで確かめておくと安心です。

どのウォーターサーバーでも同じですが、アクアクララにもメンテナンスは必要です。

アクアクララでは1年に1度「洗浄メンテナンス資格」を取得しているスタッフがサーバーを持ち帰り、メンテナンスを行います。
アクアクララの工場で、分解し、パーツ洗浄や交換、清掃、除菌、動作確認などを厳密に行い、ふたたび自宅に設置。


アクアアドバンスサーバーはUV除菌ランプを搭載しているのでメンテナンスは少なくなり、3年に1度となります。

アクアクララでも使用しているRO膜はとても性能の良い膜で、福島の原発事故で問題となっているセシウムやヨウ素などの放射能でさえも除去できるそうです。

もちろんウイルスや細菌も通しません。

RO膜水は安全で清潔な水ということができます。

開発したのはNASA。ほぼ水分子しか通さない小さな穴の開いた濾過膜で、逆浸透膜ともいいます。

完璧に近い濾過膜であるがゆえ、デメリットもあります。

それは人間のカラダに有効なミネラル分をシャットアウトしてしまうこと。
ミネラルを含む水のおいしさがないこと。
味がない水という言い方もできます。


アクアクララではその問題を解決するために、RO膜を通過した水に、後からバランスよくミネラル分を加えています。

そのため、いつでも一定のおいしさと安全性を兼ね備えたパーフェクトな水を飲めるのです。

このページの上部へ